【こんな退職の仕方があったのか!!】

一人で戦わないで!退職代行を活用しよう!

転職したいけど上司が怖くて「辞めたい」なんて言えない…
そんなことを言ったらどんな仕打ちをされるか分からない…考えるだけで胃が痛い…

大丈夫です!一人で悩まないでください!

転職エージェントをやっていると「そんな人間いるの?!」とビックリするくらい酷い話をよく聞きますorz

ただでさえ日々のパワハラやセクハラでメンタルはボロボロなのに…
もういいんです!それ以上、一人で戦う必要はありません。

「退職代行」はあなたの代わりに会社と戦ってくれる救世主です!

「目には目を歯には歯を」!
ここ近年、劣悪な環境から抜け出すために「退職代行」を使う方が急増しています。

-目次-

・退職代行を使わなければいけない状況になるまで
・退職代行を使うことのメリット
・私の体験談
・申し込みから退職までの流れ
・決行日までにやっておくべきこと
・できれば退職をする前に転職活動を
退職代行を使わなければいけない状況になるまで

退職代行を使うまでの経緯は人それぞれです。
しかし、共通しているのは「普通に辞められる会社ではない」ということです。

パワハラやセクハラ、イジメ、過度な残業や給与未払い…etc

「普通でない会社」を「普通に辞める」必要はありません!
こちらが神経をすり減らしてまで真っ向から挑むのは時間の無駄です。
退職代行を使うことのメリット

▼会社への退職の連絡をしてくれる

▼実際に退職になるまでのサポートをしてくれる
(→場合によっては給与未払いなどの交渉なども)

基本的に、会社と自分が直接関わる必要がありません!

会社がどんなことを言おうとも退職代行の方がサポートしてくれるので、理不尽なことを言われたり丸め込まれる心配もありません。
私の体験談

過去に私もパワハラやセクハラ、1日12時間労働の激ブラック企業に勤めていました。
そんな環境なので、一緒に働いていた仲間たちが実際に退職代行を利用し、辞めていくことがありました。

ある日突然電話が鳴り。。。

「〇〇退職代行会社です。この度〇〇様が今月末付けで退職する意向とのことです。以降の連絡は私共を通してするようお願いいたします。つきましては・・・」

初めて退職代行の利用者が出た時には全員ポカーン( ゚д゚)でした。

しかしどうすることもできないですし、これ以上何かをして労基にでもかけこまれたらアウトなので総務は淡々と退職の手続きを行っていました。

そして私はといえば。。。

ある日突然そんなことをしたら、たくさんの人に迷惑をかけてしまう…などと考えてしまい、社長に直接退職したい旨を伝えました。

もう心臓はバクバク、冷や汗はダラダラ…結果は予想のはるか上をいくほどの理不尽さ。。。

・有給消化とかないから、いりませんって総務に言って
・誰か引き抜いていったりしたら、とことん追い詰めるから
・顔もみたくないから退職日までは夜から出社して仕事して

などなど…

他にも色々なことを言われましたが、ほとんど記憶がありません。
なんとか残りの仕事や引継ぎを済ませ、その後一度も社長と顔を合わせることもなく退職しました。

唯一の救いは、周りの社員や取引先の方々が状況を分かってくれており、全面的に協力をしてくれたことです。

あの時の自分に言いたい!!!
もういいから第三者に入ってもらえ!自分で戦おうとするな!時間とメンタルの無駄だ!
申し込みから退職までの流れ

①退職代行会社に連絡し、状況の説明をした上で決行日などを決める

②入金

③着手

④退職

すごくざっくりまとめると、このような流れです。

退職代行会社に連絡をする前に、ある程度の決行日などは考えておきましょう。
決行日までにやっておくべきこと
▼就業規則のバックアップをとっておきましょう
▼勤怠記録のバックアップをとっておきましょう
▼給与明細のバックアップをとっておきましょう
▼私物は全て持って帰っておきましょう
▼会社の備品や貸与品などは忘れずに置いてきましょう
▼業務に関わる資料やデータの整理をし、他の社員の方が見れるようにしておきましょう
できれば退職をする前に転職活動を!

気持ちの余裕もないかもしれませんが、転職先を決めてからの退職をオススメします。
自身の生活を第一に、気持ちを切り替えて進むためにも次を見つけておくことは大切です。

 

弊社JHRでは在職中、退職後、様々な状況での転職活動をサポートしていますのでお気軽にご連絡くださいませ(*^^*)

→お問い合わせはコチラから!

タイトルとURLをコピーしました