03-6434-0868

RYO SASAKI

佐々木 涼

「ゼロから始めたJHRは日々成長していることを感じられる会社」

佐々木 涼
取締役

JHRができるまでの道のり

スポーツ一家で育った私は、やはりスポーツが大好きな人に育ちました。高校時代はサッカー選手を目指し、毎日4~6時間ほど体育の授業、1時間の座学の授業という環境に身を置き、自分を鍛えていたのを覚えています。

そんな毎日を過ごしインターハイにも出たのですが、入学した獨協大学では経済を学ぶことにしました。その時に出会ったのがJHRの社長である津田です。

特に何をしたいのかということを見つけられないものの、様々なバイトを行いながらも、漠然と将来起業することができたらいいなと考えていて、そのことを大学の先輩に話しました。すると、面白い若手社長がいると言われ紹介されたのがセルプロモートです。

津田と一緒に入社し、人材紹介の事業を立ち上げ、約2年半の期間を経てJHRとして独立しました。

人生で一番成長している実感を得られる毎日

津田とセルプロモートに入社してからJHRを作るまで、JHRができてからの日々。毎日様々なことが起こります。

人材紹介の事業を立ち上げる時は、津田も私も経験値が全くなかったので試行錯誤の連続で、半年ぐらいは無給で働いていました。昼間は人材紹介事業の立ち上げのために奮闘し、夜はバイトをして生活費を稼ぐという状態です。

半年が過ぎた頃、ようやくお客様を集めることができるようになり、バイトもしなくてもいいようになりました。

そんな私ですが、人生で一番成長を実感できる日々だなと感じています。
何をするにしてもマニュアル業務がないので、すぐに壁にぶつかり悩むということを繰り返しているため、毎日成長していかないと乗り越えられなかったからです。

それはこれからも続くと思います。
でもだからこそ、私はこの仕事にやりがいを感じています。

転職を肯定する時代が来ることを目指して

「転職」と聞くと、未だにマイナスイメージがありますよね。
ですが、1つの会社に勤めあげることや、安定した毎日というのがなくなる時代が、すぐそこまで来ています。

だから僕は転職をすること自体、何も悪いことではないと思っているんです。でも、その感覚をみんなに持ってもらうために、もっと気楽な感じで転職をしてほしいと思っています。

例えば、賃貸などの不動産屋で気軽に引っ越しを考えたり、コンビニで気軽に商品を買えたり。それぐらい気軽でいいと考えています。

あと私が思っているのは、これは内部的な話なのですが、JHRの社員一人一人がやりたいことを実現できる場所にしていきたいと思っています。全員が事業部長になったり、全員が社長になったり。そんな会社にしていけたら、私にとっても幸せです。

社員インタビュー一覧に戻る

エントリーはこちら
TOPに戻る