【必見!オンライン面接のコツ!】

▼主流になってきたオンライン面接

コロナウイルスの影響により、オンラインでの打ち合わせや面接に切り替えた企業が多くあります。

互いに移動や準備などの手間が省けることから、この流れはコロナ禍が終息したあとにも続くと予想されています。

その一方で、ネット環境のトラブルや人柄が伝わりにくいなどのマイナスな側面もあります。
そこで今回はオンライン面接においてのコツをお伝えいたします!
-目次-
・ツールの確認と下調べ
・服装
・環境
・マナー
・見落としがちな注意点
▼ツールの確認と下調べ

オンラインで使用するツールは企業によって様々です。
多く使われているのがZoom、Teamsといったところでしょうか。

どちらも指定されたURLにアクセスをするのですが、当日になって不安にならないよう確認と下調べをしておきましょう。

・Zoom、Teamsなど指定されたツールの使い方をネットで調べる
・自身の端末側での設定やインストールするアプリがないかどうかなどの確認

よくあるのが、Bluetoothイヤホンでの接続不良やネット環境が安定せず音声が途切れてしまうなどのトラブルです。

もし可能であれば、友人や家族に協力してもらい、事前に接続や音声チェックを行っておくといいでしょう。

▼服装

オンラインだからといって気を抜いてはいけません。
通常の面接と同じく、身だしなみには注意しましょう。

・髭の処理や髪のセットを怠らない
・スーツは上下きちんと着用し、男性であればネクタイも忘れずに
▼環境

オンラインの打ち合わせをカフェや周囲に多くの人がいる場所から行う人がいます。

これ、相手からするとかなり迷惑なんです。その人の声だけでなく、周囲の話し声や店員さんの大きな声、食器の音なども入ることで肝心な内容が何も入ってきません。

・特別な理由がない限り、自宅などの静かな場所で行う
・同居人がいる場合にはその時間だけでも協力して静かにしてもらう
▼マナー
・開始時間の3分前には指定されたURLにアクセスし、待機しておきましょう。
(時間より早くアクセスした場合にはそのまま待機できるようになっています。)
・もしアクセストラブルが発生した場合、慌てずにその旨を担当者に連絡してください。

当日になってネット環境によりトラブルが発生する場合もありますので、時間には余裕を持って行動しましょう。

▼見落としがちな注意点

オンライン面接の場合、通常の対面面接とは違った点に注意しなければなりません。

・背景
自宅で行う場合に部屋の背景が見えてしまうのは仕方ありません。
物や服が乱雑に置かれていたりと、だらしないと思われぬよう、整理整頓をしましょう。
・端末の設置場
スマートフォンやPCから行いますが、あまりにも低い位置に置いてしまうと相手を見下ろすような目線になってしまいます。水平に、自身の目線の高さとカメラレンズを合わせるようにしましょう。
・オンラインツールのプロフィール写真や名前はデフォルトのものにしましょう
普段から友人などとオンラインをしていると、プロフィール写真や名前を変わったものにしている人もいます。面接の際には通常のものに直しておきましょう。
・表情が見えない
面接中にメモをとること自体は問題ないのですが、メモをとることに集中しすぎてしまうと相手にはずっと頭だけが見えている状態です。メモは適度に行い、しっかりと顔を上げ相手の目を見てコミュニケーションをとりましょう。
・通知音やキーボード音
PCから行う場合、LINEなどの通知音やキーボードを打つ音は相手側に響きます。
LINEなどのウインドウは全て閉じておきましょう。

——————————–

・PC購入を検討している方にオススメ:ジャンクワールド

★弊社JHRでは面接に関してのご相談、練習なども行っております!
お気軽にご連絡くださいませ(*’▽’)
⇒お問い合わせはコチラから★★★

→関連記事【企業面接を受ける前に!~①~】
→関連記事【企業面接を受ける前に!~②~】
タイトルとURLをコピーしました